業者に依頼をする

建ち並ぶマンション

任意売却で住宅を売却する場合多くは住宅ローンが支払えずに任意売却に至ります。このほかにも固定資産税や会社の担保にしている場合などで支払いが滞った際に利用する可能性のある制度です。任意売却を行うにはローンの支払いなどが延滞されていて金融機関などと話し合いを行い金融機関の同意がある場合にのみ利用できます。とはいえ任意売却を個人で行うことはほぼ不可能というくらい大変なことです。ですから通常は司法書士事務所や弁護士事務所などに依頼し金融機関などとの話し合いや手続きを代行して行ってもらうのです。この際の報酬は成功報酬といって事前に報酬を支払う必要はありません。任意売却が成功した場合に売却で得られた金額の中から決められた価格が報酬として代行してもらった事務所に支払われるのです。こうしたもろもろの諸経費を生産し残った費用が金融機関などへの返済に充てられます。

任意売却を専門の事務所に代行してもらおうと思った際中には費用が払えないからとあきらめてしまう人がいます。しかし任意売却をしようとしている人の中にこうした費用を事前に用意できる人はほとんどいないでしょう。もちろん事務所側は無料で業務を行うわけではありません。あくまでも金融機関などとの交渉で任意売却が成功した場合にのみ報酬を受け取ることができるのです。これを成功報酬といいます。その金額も法律で決められていてどの事務所に依頼しても売却価格が同じであれば成功報酬も同じなのです。万が一任意売却に至らなかったり失敗した場合には報酬を別途請求されることはありません。しかしこうした話し合いをする中で役所に書類を請求することがありそういった請求費用は数百円程度ですが請求されるのです。