一戸建ての購入

リビング

一戸建ての不動産を購入する場合もタイミングはどうでしょうか。一戸建ての不動産を購入する場合は、できるだけローンの金利が低く、価格が安いことが条件です。東京の都心部をなどを除けばおおむね土地の価格は下落しています。また、金利も経済回復を目指すためできるだけ低めに設定しているのです。そうなるとこれからの時期が買い時ということになるかもしれません。 ただし、今後東京オリンピックの影響で材料費は高騰する恐れもあります。また消費税が10パーセントに増税されることも考えられます。これにより、消費税前の駆け込み需要が増えることも考えなければなりません。ちなみに消費税が8パーセントから10パーセントに増税されると、3000万円の不動産物件は60万円ほど余分に払わなければならないのです。

2015年3月の段階で、消費税10パーセントの増税は2017年の春頃になると言われています。このように考えると、住宅は2015年から2016年に購入するのが賢い選択といえるかもしれません。 ただし、2016年までに不動産住宅の購入を予定していない場合や、もう少しお金が貯まるのを待たなければ住宅を購入することができない、あるいは難しい場合は2020年以降でもいいということになります。今の段階で予想出来ることは、2020年以降はオリンピックが終了しているため、土地の価格も下がり、材料費もやすくなることが予想されています。そういう意味では2020年以降まで一戸建ての不動産の購入を待ってみてもいいかもしれません。