空席対策をする

リビング

賃貸物件の空き状況が深刻になってきました。都市部では賃貸物件が足りないというところもありますが、郊外へ行くと空室が目立ってきています。これは人口減少が大きな原因です。人口が減少している地域では、急速に人が流出しているため、空き家が目立ってきているのです。一方、人口は利便性の高い都市部に集中していますので、都市部の賃貸物件は空室であってもしばらくすれば埋まってくるのです。ただ、最近では空室である状況が数ヶ月続くような賃貸物件も出てきました。これらの空室対策として様々な取り組みがされています。例えば、入居者に対するサービスの充実です。日常生活で困ったことがあった場合に即座に対応できる窓口を設けている賃貸物件もあります。

また、部屋そのものをリノベーションして、新しい住空間を提供している賃貸物件もあります。さらには、住生活そのものを変えてしまっている賃貸物件もあります。その最たる例がシェアハウスです。他人と同居する形態ですが、共用スペースでコミュニケーションを取ることができるよう工夫されています。シェアハウスを利用する際には、一定の審査が必要になります。なぜならば、中長期にわたって住むことのある住空間において他人がいるわけですから、その他人と仲良くやっていけるかどうかが重要なポイントになってくるわけです。審査はその物件を管理している不動産会社が行うことが多いです。シェアハウスは数が多いわけではないので、数ヶ月待つ覚悟で申込みをしましょう。